ガバナンスと認定

クリニカルガバナンスに対する責任

2003年、マチルダ国際病院は私立病院として香港で初めてクリニ カルガバナンスという仕組みを実施した病院となりました。クリ ニカルガバナンスとは、医療の仕組みの中で患者様向けの治療の質 を維持・向上させるために、システム的なアプローチを用いるとい う発想です。

当院では患者様の医療体験をよりよいものにすることを第一とし ています。それを実現するための主な方針は次の通りです。

  • よりよいコミュニケーションを行う
  • 協働と透明性を促進する
  • 医療の一貫性を維持する
  • ベストプラクティスを基準とする
  • 技能と基準をさらに高め、進歩させるため、根拠に基づいた治療法を適応する

スタッフは当院が独自に定める行動規範に従い、また香港私立病院協会が定める行動規範を遵守します。

当院の治療行為は、香港域内の私立病院を管理し、認証する権限を持つ香港衛生署の承認を受けています。衛生署は私立病院に対して監督責任を負っています。

認定と認証

当院は、クリニカルガバナンスのほか、香港独自の認定および国際認定を受けています。

ベストプラクティス

ACHS – オーストラリア保健医療標準評議会により、ベストプラクティスを実践し、高い基準を有する医療機関として認定されました

HKCOG – 香港婦産科学院により産婦人科領域において定められた基準を満たしているとして認定されました

管理システム

ISOISO 9001 – ロイドレジスター社よりISO国際品質マネジメント規格に準拠する組織としての認証を取得しました

OHSAS 18001 – ロイドレジスター社より国際的に認知された労働安 全衛生マネジメント規格に準拠する組織としての認証を取得しま した